【雲が多い火曜の夜はお酒を】

食欲と夢の関係を午後の会議で
TOP PAGE >

天気の良い休日の夜にカクテルを

友人の知佳子は賢いやつ。
頭が良いんだろうなーと思わされる。
何としてでも他者を裁いたりはしない。
違うんじゃない?と感じても、少しでもその人の考えも尊重する。
なので、考えが膨らむし、我慢強くなるのだ。
考えを押しとおす事より、こうしている方がチカコにとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむ方法、その経験を糧にするやり方をよく理解している。

騒がしく話す彼とわたし
time is moneyというのは、素晴らしい格言で、ぼーっとしていると、実際にすぐに時が無くなる。
もっともっとささっと作業も課題も終わらせることが出来れば、その他の仕事に時間を回すことが出来るのに。
部屋の整理をしたり、散歩したり、料理をしたり、文庫本を読んだり。
そう思ったので、最近はシャキシャキはじめようと心がけているが、どれくらい続くのか。

喜んで話す兄弟とオレ

私は仕事の関係で、日光へ行くことがたくさんあった。
関東地方の北寄りにある日光は栃木県にあり、海のない県で、多くの山々に囲まれている。
もちろん、冬になると積雪し、除雪車やチェーンは必要だ。
秋に差し掛かると、と東北道を使い、2泊3日で行って、行って帰って、また2泊3日というパーターンが非常に多く、サイトなどの情報で日光の様子が紹介されると懐かしくなる。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は見てきてほしい市だ。
紹介させてもらうと、ツアーのメインはやっぱり東照宮。
東京の基盤を作った家康の墓があるところで、独特な雰囲気に驚かされる。
もう一つ、奥日光と言われるところにある温泉がずらりとある場所。
硫黄泉とのことで、乳白色で熱めの温泉。
この温泉に来ると冷えも治るだろうと思う。
日光東照宮が建てられたときには、日光湯元温泉を目標にかなりの人数の湯治客が集まったらしい。
その様子が想像可能な歴史的な町がここ日光。
東照宮の紹介も一緒にハイウェイウォーカーなどに多く記載されているこの場所へ、ぜひまた行きたいと思っている。

涼しい休日の夕方に焼酎を
私の部屋は、冷房も暖房もないようなところだ。
よって、扇風機と冷やした緑茶を持って作業をする。
一週間前、扇風機を移動させようと考え、回したまま持ってしまった。
その後、扇風機の中身が停止したので「なんで?」と不審に感じ、よく見た。
どういうわけか自分で理解しなかったのが、回転の邪魔をしているのは、正に自分の小指だった。
ゆっくり抜くと、また元気に回転しだして、邪魔をしていたその指からは血が垂れてきた。
痛さも感じる間もなかったが、気を付けなければと思った。

目を閉じて叫ぶ君とぬるいビール

いつも、アパートで個人で行えるような仕事して、たまに声があるとプロジェクトでの仕事に参加する。
そのたまにが、最高に面倒くさく思えて仕方ない。
この際辞めてしまおうなど。
一日が始まれば張り切るけど、多くの人間にはさまれて、団体で業務をこなすのは難題だ。
なんて、親に話すと、言いたいことは分かるけれど、と言って、クスクス笑っていた。

気どりながらダンスする姉ちゃんと観光地
ある曇りの日の夕方、少年は母親からお使いをことづかって、はくさいとネギとぶた肉を買いに行くところだった。
少年は喜んだ。
今日はしゃぶしゃぶだ!やったぜ!…と。
だが、事件はその時起きたのである。
なんと、ズボンのポッケに入れていたお使いのための2千円が、無くなっているのだ!
少年はスーパーのレジに並ぶ前に、まさかとは思っていたがポケットの中をまさぐって確かめてみたのだ。
そして、その時お金が無くなっているのを知ったのだ。
怒られるのを承知で、少年はしかたなく手ぶらで家へ向かうことにした。
次回から、お金はクツの中かくつ下に入れることにしよう。
少年はこぶしを握り締め、そう決心した。

目を閉じて口笛を吹く家族と濡れたTシャツ

仕事終わりの暇つぶしに、絵本の森美術館に行って以来、芸術鑑賞に虜にされている。
意外だったのは、単独でじっくり見にきている方も多かったこと。
なのでわたしも、一人でも行けるし、誰か誘って行くこともある。
江戸東京博物館は、催し物がすごくそれからは私も、一人でも行けるし、誰か興味がある人に行くこともある。
江戸東京博物館は、企画展がすごくあの有名な横須賀美術館には、大好きな谷内六郎の展示が多数ある。
どんな人かと言えば、あの週刊誌、新潮の表紙を描いた作家さんだ。
それ以外でも、栃木県にある、竹久夢二の美術館で、たくさんの絵葉書を買った経験も。
このように、美術館には日頃から有意義な空間を過ごさせてもらっている。

怒ってダンスするあいつと僕
宿泊に行きたくてどうしようもなかった土地、それは真鶴半島だ。
この地を知ったのは真鶴という川上弘美の本。
読んだものの、自分の子どもな感覚では、いまだに深い理解はできない。
代わりに、登場する真鶴の様子が好きで、行ったことのない真鶴に行きたいと思っていた。
静岡県熱海市と、神奈川県小田原市の境目にある真鶴半島。
半島の先が真鶴岬。
真鶴岬の少し先、海上に見えているのは三ツ石という大きな石3つ。
真ん中の石の上には鳥居があって、潮が引くと歩いてたどり着ける。
願いが叶い、ストーリー中のこの光景を見に行くことができた。
私の一眼レフの中には、真鶴の様子がいっぱい。
ホテルのお兄さんに真鶴が好きだと話すと喜んでくれた。

一生懸命叫ぶ先生とあられ雲

オフィスで働いていたころ、いまいち退職する機会が持てなかった。
絶対退職したかった訳ではないから。
続ける余裕がなかったのかもしれない。
だけど、その時、真剣に辞めると言った。
そんな日に限って、いつもは少しばかり厳しいと印象を抱いていたKさんが、こっちに向かってきた。
話している中で、この事情を知らないKさんが「今の仕事、大変だよね。おまえはあと少し頑張れるよ。」といった。
なんだか胸が苦しくなった。
私は、その日の帰りに、会社に辞めることを撤回してもらった。

ぽかぽかした金曜の夜明けはこっそりと
数年前の夏、私は当時付き合っていた彼氏と、東京から下道を使用し、茅ヶ崎に行ってみた。
なぜかと言うかは、趣味の一眼レフで海を撮るためだったけれど、なかなかうまく写せない。
浜辺は久々だったから、そのうちサンダルを脱いで海に入りはじめた。
海水にも飽きて、浜辺で山を作ることをするようになった。
そこまでは、おそらくそばにあった白のデジタル一眼。
たくさん滞在して、帰宅途中、スタンドで一眼レフがケースにない事に気付いた。
仕方なく家まで帰ったけれど、しばらく、すごく残念な思いをした記憶がある。
多くの記録が入ったお気に入りの一眼レフ、現在はどの場所にいるんだろう?

メニュー

ただいまの時刻


メニュー


人生において、「ドラマ」の立ち位置ってどうなんだろう。興味無いって思える?「庭師」は、アナタにとってはなんの意味があるんだろう。

Copyright (C) 2015 食欲と夢の関係を午後の会議で All Rights Reserved.

ページの先頭へ