恋人気分で

この前の女の子がどうしても忘れられなくて、私はちょっと料金が高くなってしまいましたが、120分コース指名で呼ぶことにしました。
あの日以降、夜な夜な彼女の事を考えてしまい、まるで高校生が片思いしたかのような感じだったのです。
ま日毎日彼女の事を考えながらオナニーし、しまいには似ているAV女優を探してしています。

「また会いたい・・・」

こんな風な生活が続く事3ヶ月、思い切ってデリヘルを呼ぶことにしたのです。
いつも使っているホテルだとなんだか味気ないので、駅前にある比較的高級なホテルで会うことになりました。
いつも以上に緊張が高まります。

時間になると、彼女がやってきました。
部屋に入るなり、とても良い匂いが部屋中に充満します。
この空気、瓶に詰めて保存したい。そんな風に思えるほど私は彼女にぞっこんでした・・・。

「おひさしぶり〜私のこと覚えてくれたんだ〜!」

と彼女は大喜び!持参した手土産にもとても嬉しがっている様子でした。
もう安心です。ちょっと人見知り癖のある私もここまでくれば安心なのです。
「今日は恋人なテイでいきたい」というと、すんなりOKしてくれました。

まずはシャワーです。
とその前に、彼女の服を脱がすところから始まります。
後ろに回って胸を揉みしだくと、聞こえるか聞こえないかぐらいのトーンで「あっ」と応えてくれます。
上着のボタンを一つづつ外していくと、とても可愛いランジャリーが見えます。
ブラジャーはとても可愛らしく、ホックを外すとたわわに実った胸がぼろっとこぼれてきました。
乳首はきれいなピンク色で、ツンと立っています。
手のひらで転がすように触ると、だんだんと固くなってくるのがわかります。
鳥肌にも似たぶつぶつが乳輪を埋め尽くす頃、スカートを脱がせてパンティーだけの姿になりました。

美しい女性はパンイチになっても美しい・・・。

そしてその後、私はゆっくりとパンティーを脱がせたのです。
隠毛がペタッとしており、そのリアル感に興奮しました。
腰に手を回して首筋にキスをすると、足に力が入らなくなったらしく、ガクッと崩れ落ちてしまいました。
もしかすると、もう彼女も興奮してるのかもしれません。
私が興奮するのはわかりますが、彼女が興奮するということは、本気なのかな?思ってしまいます。
基本的にデリヘル嬢は事務的に事を終わらせ、「はい次のお客さん〜」という感じで心ここに在らず的な感じなのですが、彼女は違うようです。
もしかしたら、私に気があるのかも?なんて要らぬ想像をしてしまうほどです。

皆さんもこんな経験ありませんか?

しばらくイチャイチャした後は、シャワールームに行きました。
キスしながら移動するのはなかなか大変でしたが、熱烈なキスは止まりませんでした。
そのまま乳首を舐めると、ビクビクと体が震えます。
気が緩んだのか、口元からヨダレが垂れてきます。
つつーっと垂れてきたヨダレは私の股間に垂れました。この光景がとてもエロく、今でも忘れることができません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です