フィーリング最高

興奮度MAXになってしまったのか、なかなかディープキスが止まらない彼女。
キスされながら乳首をコリコリ触ると、快感でキスの動作が止まります。
可愛いなと思いながら私の手はだんだんと大胆になっていきました。
下半身へと手を伸ばすと、既に彼女のあそこはヌルヌルに濡れており、いつでもウェルカム状態・・・。
試しにクリをそっと触ると、ビクッビクッと反応します。

今まで相当数デリヘルを利用してきましたが、ここまで燃えるプレイはなかなかありません。
しかもこんな田舎な岩手で・・・。
帰ったら友達に自慢しよう!と思っていると、彼女は股間を私の顔の前に持ってきました。
ガンキってやつです。

鼻先に暖かい女の子の具が乗っているといえばお分かりになるでしょうか?
とっさに下でレロレロと攻めると、身体をくねらせて感じているようです。
生暖かい汁も大量に湧き出してきて、私は興奮の絶頂にいました。

もうダメです。

挿れたいです・・・。

しかし入れるのはNGなので、こっそり持参したオナホールを彼女に手渡しました。

「こ、これを使って素股してください・・・」

彼女は快く受け入れてくれました。
ローションをたっぷりと塗りたくり、私の巨根がメリメリと穴に入っていきます。
本当に入れているかのような感触。彼女は気を利かせている素振りをしてくれました。

「アン、アン」

「はぁ〜最高!」

全く気持ちが良く無いはずなのに一緒に感じてくれているようです。
しばらくバックの体制で腰を振っているといきそうになってきました。

「やべ〜!もうイキそう・・・」

彼女はまだ早いと言わんばかりに同期していた腰の動きを止めたのです。

「もう少しエロいことしようよ〜」

というと、フェラチオが始まりました。
本日2度目のフェラチオは、1回目よりもねっとりと気持ちよく、気をぬくと本当にイってしまいそうになるほどでした。
私はされながらあのじょの体つきをまじまじと見ていました。

程よくくびれた腰・・・。

吸い付きたくなるような胸・・・。

鷲掴みしたくなるお尻・・・。

どこを見ても完璧です。
特に彼女の特徴であるハスキーボイスはとてもエロくて、声を発する度にゾクゾクと来るものがあります。

そして先ほどの続きという事で、オナホール疑似体験が再開します
目を瞑ってガシガシと腰を振っていると程なくして2回目の射性となりました・・・。
ドクドクと尿道を精子が通る感覚。
先っぽから放たれる感覚。
イク瞬間は動作が一瞬スローモーションになります。

私はあまりにも快感過ぎて、しばらくベッドの上で動くことができませんでした。
彼女はそのご丁寧にティッシュで拭いてくれたのですが、この時、

「お嫁さんにするならこの人だ」

と思ったのを覚えています。
そのぐらいフィーリングが合う子でした。
私は次回もこの子を呼ぶことを決めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です